産後の女性の体は、徐々に通常の体に戻っていきますが、時間をかけて妊娠前の体に戻ります。
この時期は産褥期と呼ばれるもので、およそ6週間と言われています。
そこで産後ダイエットを早くから始めたいと思って、6週間を無茶に過ごすと、後々体が不安定になることになりますから、注意が必要となります。
ここまで産後置き換えダイエットの注意点や危険性を紹介します。
・産後置き換えダイエットの危険性はエネルギー過多だから

産後、母乳を作り出すママの体は1日600キロカロリーは消費すると言われています。
ママの体に負担にならないよう栄養が外に出ていきますから、食事バランスを考え、ベビーに思う存分母乳を飲んでもらう必要があります。
そこで置き換えダイエットを行おうと思っても、けしてヘビーな置き換えダイエットは避けたほうが無難ということです。
無理な置き換えダイエットは体力の低下、体調不良や母乳が出なくなるなどのリスクがあります。
・産後置き換えダイエットでストレスの危険性

産後置き換えダイエットを始めても、ストレスがたまって産後うつになるという危険性もあります。
自律神経が乱れ、ストレスを感じやすくなる置き換えダイエットは、便秘にも繋がります。
便秘になると体内に老廃物がため込まれますから、母乳の質も落ちますし、毒素がたまってママの体の調子もよくなりません。
もし置き換えダイエットを産後行うのなら、シェイクやゼリーなどダイエット食品ではなく、通常の食事を置き換えるようにしましょう。
・産後置き換えダイエットで将来に危険性がある?

産後に置き換えダイエットで一気に体重を落とすと、色々な病気を引き起こす原因となると言われています。
その中でも尿失禁や排便困難など、身近なものがあります。
産後にそのような兆候はすぐに現れませんから、置き換えダイエットを終了した後などに症状が出る危険性があります。
また次の妊娠への影響があります。
体が置き換えダイエットに慣れてしまい、栄養不足の体で妊娠なんて出来ないと判断されると、妊娠したら困る、排卵をやめよう、と勝手に判断して、生理不順になるリスクが高くなります。
そのため、次の子供が欲しくてもなかなか子宝に授かれないという危険性があります。
生理が早くあがると老化が早まると言われていますから、美容面でもリスクがあります。
・産後置き換えダイエットの危険性をなくしてダイエットするには?

産後に置き換えダイエットの危険性をなくして綺麗にダイエットするにはどうしたら良いのでしょうか?まず、ダイエット食品を市販のものにはせずに、自炊して、量を調節しながらダイエットをしましょう。
出来れば置き換えダイエットとしてはお粥などを主としたものが良いです。
おかずはしっかり食べて、炭水化物はお粥で摂るようにします。
そうすることで栄養バランスの取れた置き換えダイエットをすることが出来ます。

産後、体型が出産前より大分崩れてしまった場合、産後置き換えダイエットを検討する女性も多いでしょう。
しかし産後、置き換えダイエットをしようと思っても、授乳中でも置き換えダイエットは可能なのでしょうか?母乳にどんな影響があるのでしょうか?
・置き換えダイエットは産後もOK、でも急激に痩せないで!

置き換えダイエットは産後のダイエットに最適なダイエット法です。
しかし無理のない範囲での痩せ方をしましょう。
それは1か月で1キロか2キロずつ痩せていくという方法です。
半年で6キロ、10キロくらいが目安となります。
無理に急激に痩せてしまうと、ベビーに与える母乳に栄養が満足に含まれなくなり、もしくは母乳がでにくくなるため、過酷なダイエットはやめて、出来れば夕食は置き換えないように、栄養バランスの良い食事をしましょう。
・産後置き換えダイエットに必要な食べグセを治す

産後ダイエットを本気で頑張ろうと思っているママ達には、まず置き換えダイエットでダイエット食品を使い、その食品で満足することを身につけましょう。
授乳中のついつい食べてしまう食べグセ。
これをなくすことで産後ダイエットが完成します。

期間を決めて、置き換えダイエットをするのが成功のコツです。
人気の置き換えダイエットにチャレンジするのも良いですし、自分が前から気になっていた置き換えダイエットにトライするのも良いです。
・朝がベストの産後置き換えダイエット

体が活発になる朝食を、産後ダイエットとして置き換えダイエットのダイエット食品にすると、効果的に痩せることが出来ますし、空腹感をあまり感じず続けることが出来ます。
どうしても夕食はしっかり食べたいでしょうし、朝食なら軽めでもランチまで持ちます。
栄養たっぷりの母乳をベビーに与えるためにも夕食はしっかり食べたいものです。
・目標体重にたどり着いてから産後置き換えダイエットは始まる

目標体重に達成したから、普通の食事に戻してもいいよね、と産後ダイエットを終えたママは、いきなり通常食に戻してしまうと一気にリバウンドしてしまうのでリスクが高いです。
2日に1回程度置き換えダイエットを続けて、様子を見ながら通常食に戻していくのがベスト。
産後体型がかなり崩れて目標体重までなかなか到達しないという場合でも、授乳していることでかなりカロリーを消費しているので、いったん体重が落ち始めるとスピーディに体重は落ちていきます。
産後ダイエットの成功のカギはダイエット食品に飽きてしまわず続けられるか、置き換えダイエットを終了した後も、数日に1回はダイエット食に置き換えて、ダイエットを続けることが必要です。

産後置き換えダイエットを始めるにあたり、自分で簡単に作れるレシピなどあればいいかな?と思いますよね。
実際、オリジナルレシピを考えて、それを実行しているママもいるようですよ。
産後ダイエットを始めるなら、断乳した後が理想的です。
置き換えダイエットに使うものはどんなものが適しているのでしょうか?
・グリーンスムージーの産後置き換えダイエットレシピ

ダイエット、もしくは美容にも良いと言われているのがグリーンスムージーです。
レシピはオリジナルのものが色々とありますから、参考にすると良いでしょう。
基本的なところで言えば、生の果物3種類程度、葉物野菜を2種類程度選ぶようにします。
それをジューサーでミキシングして、グリーンスムージーは完成です。
特にホウレンソウなどはよく使われているようです。
またりんご、バナナはグリーンスムージーの果物の定番となっています。
小松菜なども入れ、シソやホウレンソウ、バナナとりんごにレモンを入れると、さっぱりとした味のグリーンスムージーが完成します。
新鮮なうちに飲むのがオススメです。
しかし毎日続けるのが面倒だ、という人も多いようです。
・産後置き換えダイエットで甘味が欲しい人のフルーチェレシピ

産後置き換えダイエットにフルーチェが使われているのを知っていましたか?密かにブームになっているもので、ぷるぷるの食感、まさにダイエット食と間違いないでしょう。
1箱200円程度で4食入りでコスパも良いです。
フルーチェダイエットを行うと、美味しすぎて食べ過ぎる、という声があがるほど、美味しく続けることが出来ます。
単純に晩御飯に置き換えるとスムーズに1か月で5キロ前後は減るようです。
そんなフルーチェレシピといえば、黒豆にぽんかんをフルーチェであえるというもの。
豆の栄養とぽんかんのビタミンを摂ることが出来、フルーチェの少ない栄養素を補ってくれます。
またみつ豆フルーチェを選択すると、入れる果物によって色々な栄養がプラスされるので、オススメです。
・定番産後置き換えダイエットにおからを使ったレシピ

産後ダイエットとして置き換えダイエット食に適しているのがおから。
普通の女性のダイエットでも非常にパワーを発揮してくれるおからは女性の味方です。
定番はおからクッキーです。
ノンオイル、ノンエッグでヘルシーに焼き上げることが出来ます。
市販されているものもありますから、それを参考にするのも良いでしょう。
小麦粉とおからを牛乳で混ぜ、レーズンなどを入れて、しっかり焼くことで硬いクッキーが完成します。
ぼそぼそとした食感なので、水分を摂らなければ食べるのが難しいほど。
しかし水と一緒に食べるとおからが思いのほかお腹の中で膨らみ、満腹感でいっぱいになります。
定番のおからクッキーレシピで産後置き換えダイエットを成功させませんか?